top

 

 スポンサードリンク

ソーミンチャンプルーのレシピ


「ソーミンチャンプルー」は、そうめんを炒めた料理です。
沖縄の定番メニューです。

ソーミンチャンプルー(3人分)のレシピを紹介します。

【1】にらを適量用意して、長さ3cmくらいに切ります。
【2】そうめん4束は、たっぷりのお湯で少し硬めに茹で、冷水でもみ洗いしてヌメリを取ります。水気をしっかりと切って、少量のサラダ油でからめます。
【3】熱したフライパンにサラダ油適量を入れます。そうめんとツナ缶(大)1缶を炒めて、塩としょうゆ各小さじ1杯で味付けをします。
【4】最後ににらを加えて、全体に混ぜ合わせます。

調理のポイントは、そうめんを茹で過ぎないことです。
また、必ず茹でたそうめんは、サラダ油をからめておいてください。

味は、中華だしなど、お好みの調味料を使っても良いですね。

さっぱりした味付けにしたい場合は、塩・コショウだけで味付けしてもいいでしょう。

具材は、ラフテー(豚の角煮)やソーキ(豚アバラ肉)などを加えれば豪華になります。

「そうめん」は、神経の緊張を緩和したり、下痢や膀胱炎を改善させる働きがあります。
末梢神経炎に効果的ですし、熱を除いたり、喉の渇きを抑えたりする作用があります。
ソーミンチャンプルー ソーミンチャンプルー レシピ ソーミンチャンプルー 作り方  


沖縄ちゃんぽんのレシピ

沖縄ちゃんぽんは、それほど知られていない料理でしょう。
沖縄では、食堂や喫茶店では定番メニューになっています。
栄養もボリュームも満点で、沖縄では人気のメニューです。
イメージとしては、中華丼に近い料理かもしれません。

「沖縄ちゃんぽん」(4人前)のレシピです。

下ごしらえとして、キャベツ1/3個を一口大に手でちぎり、水で洗ってざるに上げておきます。にんじん1/2本、ピーマン1個、玉ねぎ1個は千切りにしておきます。

レシピ手順
【1】フライパンにサラダ油適量を熱し、玉ねぎとにんじんを炒めます。
【2】ピーマン、キャベツ、ランチョンミート中1缶を加えて、炒め合わせてください。
【3】調味料(だしの素、しょうゆ、塩各少々)で味付けをして、溶いた卵3個を回し入れて、弱火にしたらふたをします。
【4】卵に十分火が通ったら火を止めて、具材を4等分にし、器に盛ったご飯の上にのせて完成です。

ちゃんぽん
ちゃんぽん レシピ  


ちんすこうのレシピ

ちんすこうの由来
沖縄の最も有名なお土産品は、「ちんすこう」でしょう。
ちんすこうの起源は、15世紀頃の琉球王朝にあります。
当時は中国風蒸しカステラ「ちんるいこう」だったのですが、明治時代に入ってから現在のような焼き菓子のようになりました。

「ちんすこう(プレーン味)」(約10個分)
のレシピを紹介します。

レシピ手順
【1】
ラード50g(またはショートニング)は、室温に戻します。
そして、薄力粉100gを振るっておきます。

【2】ラードをボウルに入れて、ゴムベラでクリーム状になるまで練ります。
上白糖50gを加えて、均等に混ざり合うまで練ります。


【3】振るった薄力粉を加えてよく混ぜ合わせます。
まとまってきたら、手でしっかりとまとめます。


【4】オーブンを予熱200℃に温めておきます。
温めている間に、生地を3cmくらい球状に丸めます。
手の平で暑さ約1.5cmにつぶしたら、オーブンシートを敷いた天板に並べていきます。

【5】オーブンを約200℃に温め、20分程度焼き上げたら完成です。


ちんすこうの生地は、水分をあまり含んでいません。
そのため硬めで、成形しにくいかもしれません。
成形のポイントは、成形前に、手でよく練り上げておくことです。

ちんすこうの通販
まるまるちんすこう
紅いも ちんすこう  


前のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら