top

 

 スポンサードリンク

タコライス レシピ

タコスはメキシコの料理としてとても有名です。
タコスは、とうもろこしの粉で作られた生地にして、トマト・レタス・チーズ・炒めたひき肉をはさみ、最後にサルサソースかけて食べます。

タコライスは、タコスに使われるトウモロコシを「ご飯」に代えて作られたものです。

タコライス(2人前)のレシピを紹介します。

【1】まず、下ごしらえです。レタス1/4個分を水で洗い細切りにします。そして、トマト1個とにんにく1片をみじん切りにします。

【2】サラダ油適量を入れてフライパンを熱します。先ほどきざんだにんにくを入れ、香りが出てくるまで炒めます。

【3】にんにくの色が変化してきたら、豚ひき肉300gを入れて炒めます。そして、酒・しょうゆ・塩・コショウを少々加えてます。

【4】容器にご飯を盛って、ピザ用のチーズを乗せます。電子レンジで30秒程度温めます。

【5】電子レンジから取り出し、炒めたひき肉をのせます。そして、トマトとレタスを盛り付けます。

【6】最後に、サルサソースをかけて出来上がりです。

タコライスは、野菜が豊富に入っていて、栄養がありヘルシー料理です。



タコライスに関する商品はこちら

  


豆腐ようのレシピ

豆腐よう(マイルド):お酒のお供に【琉球王朝珍味】

豆腐ようパスタのレシピを紹介します。

豆腐を泡盛や紅麹などを使用した漬け汁に長い間漬け込み、発酵と熟成をさせた発酵食品です。

豆腐ようは、ウニのような風味とチーズのような触感で濃厚な味わいです。


「豆腐ようのパスタ」のレシピ(2、3人前)を紹介します。

【1】豆腐よう90gを、汁気をよく切りボウルに入れます。ボウルにすったピーナッツ30gと白煎り胡麻30gを加え、よく混ぜ合わせてから、塩で味付けします。

【2】にんじんの皮をむいて細切りにします。絹さやは筋とへたを取ろ、塩を入れた熱湯で、それぞれサッと湯通しをします。そして、島らっきょうはの葉と根元を取り除き、細切りにします。

【3】スパゲティ200gをお湯で茹でて、オリーブオイル少々を絡ませます。

【4】フライパンを熱し、オリーブオイルを入れて、野菜を軽く炒めます。塩を少し振ったら、スパゲティを入れて炒めます。【1】のソースを入れてよく絡め、塩・コショウ少々をしてください。お好みによって、豆腐ようの漬け汁をかけるとおいしく召し上がれます。


豆腐よう  


ゴーヤーチャンプルーのレシピ

【沖縄グルメ1,990円均一特集!】ゴーヤーチャンプルーセット

ゴーヤーチャンプルーは、沖縄の代表的な料理です。

沖縄のゴーヤーは、シャキシャキとした歯ごたえ、苦みだけでなくて旨みもありおいしいです。

ゴーヤーチャンプルー(にがうりの炒めもの)(4人前)のレシピを紹介します。

【1】ゴーヤー600gを縦半分に切り、中の白いワタと種をスプーンで取り除きます。そして、水で洗って薄く切ります。

【2】油適量をフライパンで熱して、強火でゴーヤーをサッと炒めます。

【3】島豆腐1/2丁を手でちぎって入れて炒めます。

【4】コンビーフハッシュ中1缶を加えて炒めます。だしの素と塩を小さじ1杯加えます。

【5】卵2個を混ぜて、ふたをして火を止めます。卵が余熱で半熟程度になればゴーヤーチャンプルーの完成です。

ゴーヤーは、キャベツの約4倍ものビタミンCを含んでいます。
されに、脂肪の燃焼に効果的ということで、ダイエットにも最適な食材だと注目されています。


ゴーヤーチャンプルー
  


アンダンスーのレシピ

「アンダンスー」は、沖縄の常備食です。
「油みそ」です。
アンダンスーは、日持ちするため、沖縄の家庭では常に冷蔵庫の中にあります。
ご飯と一緒に食べたり、おにぎりの中に入れたりされています。

みその原料である大豆は、動脈硬化を予防する働きがあります。
これは、体内のコレステロール値を低くする作用があるためです。


アンダンスー(4人分)のレシピを紹介します。
アンダンスーは、冷蔵庫の中に入れれば、半月ほどはもちます。

【1】豚三枚肉のブロック100gをそのまま茹でます。肉が火が中まで通ったことを確認して、約1cmのサイコロ状の大きさに切ります。

【2】フライパンを熱して、サラダ油適量を入れ、豚肉を弱火で炒めます。

【3】炒めた豚肉に甘味噌100gを加えて混ぜます。砂糖、または黒砂糖を1/4カップ、みりん大1、泡盛(または酒)大1を入れます。焦がさないように弱火で炒めたら出来上がりです。

楽天でも販売されています。


詳細検索はこちらから
アンダンスー
肉みそ

  


サータアンダギーのレシピ

450円「ちんすこう」沖縄の伝統銘菓
沖縄健康通販 楽天市場店
「サータアンダギー」とは、沖縄の代表的なお菓子です。
「サーター」は砂糖で、「アンダギー」は油で揚げたものという意味です。
私は、NHKの朝の連続ドラマ「ちゅらさん」で初めてサーターアンタギーを知り、早速沖縄物産展で買いました。

サータアンダギー(2人分)のレシピです。

【1】砂糖100gと卵2個を、泡立て器で混ぜ合わせます。

【2】薄力粉200gとベーキングパウダー5gをふるいにかけて、【1】に混ぜ合わせます。

【3】塩をひとつまみ加えます。粉っぽさがなくなり、ねっとりとするまで、木べらで混ぜ合わせます。

【4】サラダ油2gを加えて練ったら、油を温めはじめます。

【5】油が約150度になるまで待ち、その間に、生地を寝かせます。

【6】サラダ油を手になじませ、生地を小さなお団子状に丸めて、弱火で揚げていきます。

【7】割れ目ができて、泡がたくさん出てきたら、少し火を強くします。

【8】キツネ色になり、竹串を「スーッ」と通してみて、生地が付かなかったら完成です。


ドラマふんわりと油で揚げて、割れ目ができると、チューリップの花が開いたような形になります。胡麻やさつまいも、カボチャなどを入れて作るのもおすすめです。

楽天で販売されています。

ふっくら、ふくふく。昔ながらのおばぁの味 黒糖さーたーあんだぎー12個入り 沖縄風ドーナッツ サーターアンダギー サータアンダギー 【4days★point】

詳細検索はこちらから
サータアンダギー サータアンダギー カロリー サータアンダギー 作り方 沖縄みやげ サータアンダギー
  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら