top

 

 スポンサードリンク

サータアンダギーのレシピ

450円「ちんすこう」沖縄の伝統銘菓
沖縄健康通販 楽天市場店
「サータアンダギー」とは、沖縄の代表的なお菓子です。
「サーター」は砂糖で、「アンダギー」は油で揚げたものという意味です。
私は、NHKの朝の連続ドラマ「ちゅらさん」で初めてサーターアンタギーを知り、早速沖縄物産展で買いました。

サータアンダギー(2人分)のレシピです。

【1】砂糖100gと卵2個を、泡立て器で混ぜ合わせます。

【2】薄力粉200gとベーキングパウダー5gをふるいにかけて、【1】に混ぜ合わせます。

【3】塩をひとつまみ加えます。粉っぽさがなくなり、ねっとりとするまで、木べらで混ぜ合わせます。

【4】サラダ油2gを加えて練ったら、油を温めはじめます。

【5】油が約150度になるまで待ち、その間に、生地を寝かせます。

【6】サラダ油を手になじませ、生地を小さなお団子状に丸めて、弱火で揚げていきます。

【7】割れ目ができて、泡がたくさん出てきたら、少し火を強くします。

【8】キツネ色になり、竹串を「スーッ」と通してみて、生地が付かなかったら完成です。


ドラマふんわりと油で揚げて、割れ目ができると、チューリップの花が開いたような形になります。胡麻やさつまいも、カボチャなどを入れて作るのもおすすめです。

楽天で販売されています。

ふっくら、ふくふく。昔ながらのおばぁの味 黒糖さーたーあんだぎー12個入り 沖縄風ドーナッツ サーターアンダギー サータアンダギー 【4days★point】

詳細検索はこちらから
サータアンダギー サータアンダギー カロリー サータアンダギー 作り方 沖縄みやげ サータアンダギー
  


ソーミンチャンプルーのレシピ


「ソーミンチャンプルー」は、そうめんを炒めた料理です。
沖縄の定番メニューです。

ソーミンチャンプルー(3人分)のレシピを紹介します。

【1】にらを適量用意して、長さ3cmくらいに切ります。
【2】そうめん4束は、たっぷりのお湯で少し硬めに茹で、冷水でもみ洗いしてヌメリを取ります。水気をしっかりと切って、少量のサラダ油でからめます。
【3】熱したフライパンにサラダ油適量を入れます。そうめんとツナ缶(大)1缶を炒めて、塩としょうゆ各小さじ1杯で味付けをします。
【4】最後ににらを加えて、全体に混ぜ合わせます。

調理のポイントは、そうめんを茹で過ぎないことです。
また、必ず茹でたそうめんは、サラダ油をからめておいてください。

味は、中華だしなど、お好みの調味料を使っても良いですね。

さっぱりした味付けにしたい場合は、塩・コショウだけで味付けしてもいいでしょう。

具材は、ラフテー(豚の角煮)やソーキ(豚アバラ肉)などを加えれば豪華になります。

「そうめん」は、神経の緊張を緩和したり、下痢や膀胱炎を改善させる働きがあります。
末梢神経炎に効果的ですし、熱を除いたり、喉の渇きを抑えたりする作用があります。
ソーミンチャンプルー ソーミンチャンプルー レシピ ソーミンチャンプルー 作り方  


沖縄ちゃんぽんのレシピ

沖縄ちゃんぽんは、それほど知られていない料理でしょう。
沖縄では、食堂や喫茶店では定番メニューになっています。
栄養もボリュームも満点で、沖縄では人気のメニューです。
イメージとしては、中華丼に近い料理かもしれません。

「沖縄ちゃんぽん」(4人前)のレシピです。

下ごしらえとして、キャベツ1/3個を一口大に手でちぎり、水で洗ってざるに上げておきます。にんじん1/2本、ピーマン1個、玉ねぎ1個は千切りにしておきます。

レシピ手順
【1】フライパンにサラダ油適量を熱し、玉ねぎとにんじんを炒めます。
【2】ピーマン、キャベツ、ランチョンミート中1缶を加えて、炒め合わせてください。
【3】調味料(だしの素、しょうゆ、塩各少々)で味付けをして、溶いた卵3個を回し入れて、弱火にしたらふたをします。
【4】卵に十分火が通ったら火を止めて、具材を4等分にし、器に盛ったご飯の上にのせて完成です。

ちゃんぽん
ちゃんぽん レシピ  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら