top

 

 スポンサードリンク

ちんすこうのレシピ

ちんすこうの由来
沖縄の最も有名なお土産品は、「ちんすこう」でしょう。
ちんすこうの起源は、15世紀頃の琉球王朝にあります。
当時は中国風蒸しカステラ「ちんるいこう」だったのですが、明治時代に入ってから現在のような焼き菓子のようになりました。

「ちんすこう(プレーン味)」(約10個分)
のレシピを紹介します。

レシピ手順
【1】
ラード50g(またはショートニング)は、室温に戻します。
そして、薄力粉100gを振るっておきます。

【2】ラードをボウルに入れて、ゴムベラでクリーム状になるまで練ります。
上白糖50gを加えて、均等に混ざり合うまで練ります。


【3】振るった薄力粉を加えてよく混ぜ合わせます。
まとまってきたら、手でしっかりとまとめます。


【4】オーブンを予熱200℃に温めておきます。
温めている間に、生地を3cmくらい球状に丸めます。
手の平で暑さ約1.5cmにつぶしたら、オーブンシートを敷いた天板に並べていきます。

【5】オーブンを約200℃に温め、20分程度焼き上げたら完成です。


ちんすこうの生地は、水分をあまり含んでいません。
そのため硬めで、成形しにくいかもしれません。
成形のポイントは、成形前に、手でよく練り上げておくことです。

ちんすこうの通販
まるまるちんすこう
紅いも ちんすこう  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら